お知らせ

IBD研究班によるCOVID-19対策

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の流行は1年を経過しても収束の兆しが見えず、今なお予断を許さない状況です。こうした中、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班」では、2020年4月 に「JAPAN IBD COVID-19 Taskforce」(Taskforce)を発足し、SARS-CoV-2感染症(COVID-19)禍における炎症性腸疾患(IBD)患者管理における重要な情報を発信してきました。その中には、専門医はもちろん、開業医やプライマリケア医など実地医家の先生方にこそ知ってほしい情報が多く含まれています。Taskforceのリーダーである仲瀬裕志教授が、その活動内容を中心にm3.com臨床ニュースで解説しております。我々は、このパンデミックの状況を克服し、患者さんのQOLを守るために、臨床経験に基づいたIBDの最善の管理に全力を注ぎたいと考えております。

m3.com 臨床ニュース【寄稿】IBD研究班によるCOVID-19対策

JAPAN IBD COVID-19 Taskforceホームページ

患者さん向けホームページ

Media

WEB掲載情報

2021.03.23仲瀬裕志 教授

【潰瘍性大腸炎・クローン病】IBD YouTube座談会 vol.3「IBDとはたらく」

掲載サイト:You Tube

2021.03.01仲瀬裕志 教授

炎症性腸疾患(IBD)の治療法 ~薬で治るのか、手術は必要かなど病気ごとに解説~

掲載サイト:メディカルノート

2021.01.12仲瀬裕志 教授

人から人へうつる胃腸炎とは~胃腸炎の種類と予防法~

掲載サイト:メディカルノート

2021.01.12仲瀬裕志 教授

下痢

掲載サイト:メディカルノート