論文掲載

須藤先生(函館五稜郭病院)の論文が、Cancer Scienceにアクセプトされました

須藤豪太先生(函館五稜郭病院)の論文が、Cancer Scienceにアクセプトされました!大学院の研究論文です。早期大腸がん浸潤先進部の分子解析をテーマに臨床検体及び細胞株を用いて研究を行い、浸潤先進部の活性化マクロファージがIL-1βシグナルを介して大腸がん細胞のSerum amyloid A1(SAA1)発現を誘導し、早期大腸がんの遊走および浸潤を促進させるメカニズムが明らかとなりました。本研究の結果はSAA1が予測バイオマーカーおよび有用な治療標的となる可能性があることを示唆しており、今後の研究の発展が期待されます。須藤先生、おめでとうございます!

Activated macrophages promote invasion by early colorectal cancer via an IL-1β-SAA1 axis

Gota Sudo, Hironori Aoki, Eiichiro Yamamoto, Akira Takasawa, Takeshi Niinuma, Ayano Yoshido, Hiroshi Kitajima, Akira Yorozu, Toshiyuki Kubo, Taku Harada, Kazuya Ishiguro, Masahiro Kai, Akio Katanuma, Hiro-o Yamano, Makoto Osanai, Hiroshi Nakase, Hiromu Suzuki

PMID: 34293235 DOI: 10.1111/cas.15080

Cancer Sci. 2021 Jul 22. doi: 10.1111/cas.15080. Online ahead of print.

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル