学会発表

第101回日本消化器内視鏡学会総会

第101回日本消化器内視鏡学会総会が、2021年5月14日〜17日、広島にてハイブリッド方式で開催されました。当講座からも演題を発表し、仲瀬教授、山野准教授は、座長、講師をつとめました。新型コロナウイルス感染が拡大しておりますが、我々は、患者さんの不安な気持ちに寄り添った診療を行い、今年度も日々の臨床、研究の成果を発信してまいります。

消化器内視鏡学会総会発表演題

・当科における膵病変に対する連続膵液細胞診(SPACE)の有用性の検討 瀧澤歩

・炎症性腸疾患患者の病態解明および治療効果予測因子探索を目的とした腸管粘膜サイトカインの測定(ワークショップ) 横山佳浩

・Real-Time endoscopic Image during Ischemia-Reperfusion due to chronic mesenteric ischemia(abdominal angina)(Best Case Picture Award) 風間友江

・胆膵癌におけるEUS-FNA検体を用いたMSI検査(シンポジウム)川上裕次郎

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル