論文掲載

柴田先生の論文が、Clinical Journal of Gastroenterologyにアクセプトされました

柴田泰洋先生の論文が、Clinical Journal of Gastroenterologyにアクセプトされました。当初、IBD-Uが疑われた高齢女性をMEFV遺伝子関連性腸炎と診断し、コルヒチン治療が著効した1例です。高齢者に発症したIBDの患者を診断する際、MEFV遺伝子関連性腸炎の可能性に注意する必要を示しています。

柴田先生、おめでとうございます!

Mediterranean fever gene-associated enterocolitis in an elderly Japanese woman

Yasuhiro Shibata, Keisuke Ishigami, Tomoe Kazama, Toshiyuki Kubo, Hiro-o Yamano, Shintaro Sugita, Masaki Murata, Hiroshi Nakase

Clin J Gastroenterol. 2021 Aug 24.doi: 10.1007/s12328-021-01497-1. Online ahead of print.

PMID: 34427863 DOI: 10.1007/s12328-021-01497-1

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル