論文掲載

林先生(大学院生)の論文が、Frontiers Physiologyに掲載されました

林優希先生(大学院生)の論文が、Frontiers Physiologyに掲載されました。クローン病の治療課題として腸管線維化があげられます。本論文は、クローン病における腸管線維化 の分子生物学的機序について、近年注目されているPPARγ、TLR4、付着侵入大腸菌(AIEC)、Th17免疫反応、PAI-1にフォーカスを置いて解説したMini-Reviewです。林先生、おめでとうございます!

The molecular mechanisms of intestinal inflammation and fibrosis in Crohn’s disease

Yuki Hayashi, Hiroshi Nakase

DOI:https://doi.org/10.3389/fphys.2022.845078

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル