論文掲載

山川先生(大学院生)の症例報告が、胃と腸に掲載されました

山川司先生(大学院生)の症例報告が、胃と腸(Vol.55 No.13 2020年12月号)の主題症例として、掲載されました。大腸鋸歯状病変は当講座山野准教授が中心となって手掛けられている研究テーマの一つであり、鋸歯状病変からの発癌(serrated neoplastic pathway)は近年大腸癌の発癌ルートとして注目されています。その中でもTraditional serrated adenoma(TSA)の分子生物学的特徴や臨床病理像は未だ解明されていない点もあり、今後も症例集積を重ね解析を進めてまいります。まさに消化器内科学講座、分子生物学講座とのコラボレーションによる症例報告です。山川先生、おめでとうございます!

・分類不能鋸歯状病変を由来としたTraditional serrated adenomaの癌化症例
山川司, 吉井新二, 市原真, 大和田紗恵, 柴田泰洋, 風間友江, 平山大輔,久保俊之, 能正勝彦, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 山野泰穂, 仲瀬裕志

Media

WEB掲載情報

2021.09.18仲瀬裕志 教授

IBD YouTube座談会vol.4 〜コロナで変わった私の「はたらく」〜

掲載サイト:You Tube

2021.09.18仲瀬裕志 教授

9/25 IBD医療講演会「北海道発、IBD新時代を拓け」

掲載サイト:You Tube

2021.07.27仲瀬裕志 教授

脱「白い巨塔」―変革続ける医局の“自画像”【3回】 仲瀬裕志先生

掲載サイト:Yahoo!ニュース

2021.07.27仲瀬裕志 教授

遠隔医療で派遣医師とも“ワンチーム”―札幌医科大学医学部消化器内科学講座

掲載サイト:メディカルノート