論文掲載

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました。本研究は、日本の全クローン病患者さんの約1%にあたる700人弱の新規発症日本人クローン病患者さんを、発症時から前向きに経過を追跡したコホート研究です。今回の中間解析では、40歳以上の患者さんと40歳未満の患者さんにおいてクローン病の性質が異なっている事が分かりました。

Characteristics of adult patients newly diagnosed with Crohn’s disease: interim analysis of the nation-wide inception cohort registry study of patients with Crohn’s disease in Japan (iCREST-CD)

Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Ryuichi Okamoto, Akihiro Yamada, Reiko Kunisaki, Minoru Matsuura, Kenji Watanabe, Hisashi Shiga, Noritaka Takatsu, Shigeki Bamba, Yohei Mikami, Takayuki Yamamoto, Takahiro Shimoyama, Satoshi Motoya, Takehiro Torisu, Taku Kobayashi, Naoki Ohmiya, Masayuki Saruta, Koichiro Matsuda, Takayuki Matsumoto, Hiroshi Nakase, Atsuo Maemoto, Shinichiro Shinzaki, Yoko Murata, Shinichi Yoshigoe, Ayako Sasaki, Tsutomu Yajima, Tadakazu Hisamatsu

J Gastroenterol. 2022 Aug 5. doi: 10.1007/s00535-022-01907-2. Online ahead of print.

PMID: 35930087 DOI: 10.1007/s00535-022-01907-2

Media

WEB掲載情報

2022.11.15仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患(IBD)の方の妊娠、出産、産後で気をつけることとは?

掲載サイト:おいしい健康

2022.11.15仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患(IBD)薬物治療の変遷と薬の種類。治療に関するアドバイスも

掲載サイト:おいしい健康

2022.10.10仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”炎症性腸疾患”を知る〜どこにいても同じ治療を!遠隔医療の今

掲載サイト:UHB You Tube

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース