論文掲載

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました。便中カルプロテクチン(FCP)の測定は潰瘍性大腸炎の診断補助と病勢評価に有用であり日常臨床でも用いられていますが、これまでは小児患者に対する有用性はまだ不明確な状況でした。本論文では、多施設共同で小児(6~17歳)を対象にFCPの有用性を研究しており、潰瘍性大腸炎とクローン病の両者において、診断補助と病勢評価に有用であることを明らかにしました。

Both fecal calprotectin and fecal immunochemical tests are useful in children with inflammatory bowel disease

Hirotaka Shimizu, Ryo Ebana, Takahiro Kudo, Takuro Sato, Tomoko Hara, Kenji Hosoi, Masaaki Usami, Masashi Yoshida, Ichiro Takeuchi, Hiroshi Nakase, Itaru Iwama, Katsuhiro Arai, Toshiaki Shimizu

J Gastroenterol. 2022 Feb 14. doi: 10.1007/s00535-022-01856-w. Online ahead of print.

PMID: 35165800  DOI: 10.1007/s00535-022-01856-w

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル