論文掲載

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Crohn’s and Colitis に掲載されました

仲瀬教授が関わっている多施設共同研究が、Journal of Crohn’s and Colitis に掲載されました。日本人クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患の患者さんの血液中に、染色体構造の異常がある細胞集団が混在している状態(染色体異常モザイク)があるかどうか、どのような患者さんにそのような現象が起きているかを世界で初めて検討した研究です。

Crohn’s disease and early exposure to thiopurines are independent risk factors for mosaic chromosomal alterations in patients with inflammatory bowel diseases

Yoichi Kakuta, Hideya Iwaki, Junji Umeno, Yosuke Kawai, Masahiro Kawahara, Tetsuya Takagawa,  Yusuke Shimoyama, Takeo Naito, Rintaro Moroi, Masatake Kuroha, Hisashi Shiga, Kenji Watanabe,  Shiro Nakamura,Hiroshi Nakase, Makoto Sasaki, Hiroyuki Hanai, Yuta Fuyuno, Atsushi Hirano, Takayuki Matsumoto, Hisaaki Kudo, Naoko Minegishi, Minoru Nakamura, Tadakazu Hisamatsu, Akira Andoh,  Masao Nagasaki, Katsushi Tokunaga, Yoshitaka Kinouchi, MENDEL study group, Atsushi Masamune

J Crohns Colitis. 2021 Nov 9;jjab199. doi: 10.1093/ecco-jcc/jjab199. Online ahead of print.

PMID: 34751398 DOI: 10.1093/ecco-jcc/jjab199

Media

WEB掲載情報

2022.11.15仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患(IBD)の方の妊娠、出産、産後で気をつけることとは?

掲載サイト:おいしい健康

2022.11.15仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患(IBD)薬物治療の変遷と薬の種類。治療に関するアドバイスも

掲載サイト:おいしい健康

2022.10.10仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”炎症性腸疾患”を知る〜どこにいても同じ治療を!遠隔医療の今

掲載サイト:UHB You Tube

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース