COVID-19

【COVID-19重症化の機序に関わる腸管内代謝産物を同定】 横山先生(診療医)の論文が、Frontiers in Medicineに掲載されました

横山佳浩先生(診療医)、仲瀬裕志教授の研究グループにおいて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)重症患者の消化管におけるトリプトファン代謝障害を明らかにし、Frontiers in Medicineに掲載されました。横山先生、おめでとうございます!

本研究は、今後COVID-19重症化メカニズムのさらなる解明や治療・予防法への応用に貢献することが期待されます。本研究は当講座だけではなく、総合診療医学講座、高度救命救急センター、感染制御部、呼吸器・アレルギー内科学講座、および附属病院の検査技師や看護師など多くの方のご協力を頂いております。本研究にご協力頂きました皆様に感謝申し上げます。

Impaired tryptophan metabolism in the gastrointestinal tract of patients with critical coronavirus disease 2019

Yoshihiro Yokoyama, Tomoko Ichiki, Tsukasa Yamakawa, Yoshihisa Tsuji, Koji Kuronuma, Satoshi Takahashi, Eichi Narimatsu and Hiroshi Nakase

Front Med. 2022 Aug 10;9:941422. doi: 10.3389/fmed.2022.941422.eCollection 2022.

PMID: 36035409 PMCID: PMC9399458 DOI: 10.3389/fmed.2022.941422

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル