COVID-19

日本人炎症性腸疾患患者におけるCOVID-19感染者の多施設共同レジストリ研究(J-COSMOS)の論文が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました

日本人炎症性腸疾患患者におけるCOVID-19感染者の多施設共同レジストリ研究(J-COSMOS)の論文が、Journal of Gastroenterologyに掲載されました。IBD患者におけるCOVID-19罹患の実態を調べたコホート観察研究であり、72の医療施設が参加し、日本のIBD罹患者の約1割が対象となった多施設共同研究です。IBD患者におけるCOVID-19の発症は、年齢、BMI、ステロイドの使用が、重症化リスクであることを明らかにしました。本研究は、厚生労働省科学研究費難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班における、JAPAN IBD COVID-19 TaskForceの取り組みの一環です。TaskforceならびにJ-COSMOS groupの皆様のご尽力に厚く感謝申し上げます。

Interim analysis of a multicenter registry study of COVID-19 patients with inflammatory bowel disease in Japan (J-COSMOS)

Hiroshi NakaseYuki HayashiDaisuke Hirayama, Takayuki Matsumoto, Minoru Matsuura, Hideki Iijima, Katsuyoshi Matsuoka, Naoki Ohmiya, Shunji Ishihara, Fumihito Hirai, Daiki Abukawa, Tadakazu Hisamatsu, J-COSMOS group

PMID: 35089397  DOI: 10.1007/s00535-022-01851-1

札幌医科大学ホームページプレスリリース

プレスリリース

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル