論文掲載

我妻先生(助教)の論文が、Lifeにアクセプトされました

我妻康平先生(助教)の論文が、Lifeにアクセプトされました。内視鏡検査は炎症性腸疾患(IBD)の状態を評価するためのgold standardですが、患者さんの負担とコストが高いことが問題であるため、内視鏡検査に代わる信頼性の高いバイオマーカーの特定が望まれます。本論文では、IBDの日常臨床診療で使用できるバイオマーカーの有用性と限界をreviewしています。我妻先生、おめでとうございます!

Role of biomarkers in the diagnosis and treatment of inflammatory bowel disease

Kohei Wagatsuma, Yoshihiro Yokoyama, Hiroshi Nakase

Life 2021, 11(12), 1375; https://doi.org/10.3390/life11121375

Media

WEB掲載情報

2022.02.25仲瀬裕志教授

炎症性腸疾患における新型コロナの重症化因子が判明

掲載サイト:m3.com臨床ニュース

2022.02.19仲瀬裕志教授

憩室炎

掲載サイト:メディカルノート

2021.12.13仲瀬裕志教授

UHB 「松本裕子の病を知る」 ”クローン病”を知る〜若い世代に急増!腸に炎症繰り返す難病とは

掲載サイト:UHB You Tube

2021.10.17仲瀬裕志教授

小麦成分で下痢、倦怠感 セリアック病、グルテン不耐症

掲載サイト:時事メディカル